決算・税務・確定申告・節税対策の専門家探しならお任せ税理士ナビ

税理士をかえたい方、新規で税理士を探したい方 会計事務所のスタッフがサポート 無料紹介 全国対応 年中無休 0120-020-424
税理士選び無料サポート 24時間受付中!
ホーム > 青色申告と白色申告ってどう違うの?

青色申告と白色申告ってどう違うの?

青色申告とは

青色申告は正規の簿記による記帳を行い税務署に申告することで、所得金額の計算等で有利に計らってもらえます。
例)最高65万円の特別控除、家族への給与が必要経費になる、減価償却の特例が受けられる、赤字損出分を3年間繰り越しできる、等。
この申告は、事業所得、不動産所得、山林所得のある者が行うことが出来ます。

白色申告とは

白色申告は、記帳作成義務はなく(ただし、事業所得が300万円以上は義務発生)青色申告のようなメリットはありませんが、売り上げ規模が小さく経理に時間をかけたくないという理由がある場合は、白色申告を選択するとよいでしょう。

税理士選び無料サポートはこちら

地域から検索

業界から検索

ページの先頭に戻る

コンテンツマネジメントシステム