お任せ税理士ナビ-任意売却、住宅ローンの延滞の無料相談

税理士をかえたい方、新規で税理士を探したい方 会計事務所のスタッフがサポート 無料紹介 全国対応 年中無休 0120-020-424
税理士選び無料サポート 24時間受付中!

税理士用語辞典

税理士に関係のある専門用語を解説!ぜひご活用ください。

ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行|ラ行|ワ行|

ハ行

配偶者特別控除(はいぐうしゃとくべつこうじょ)
配偶者に38万円超76万円未満の所得がある場合に受けられる所得控除。
配当課税(はいとうかぜい)
株主が法人から受ける配当に対する課税のこと。
確定申告を行えば、配当控除を利用して、配当金の5〜10%程度の税額の控除または、還付を受けられることもあります。
賦課課税方式(ふかかぜいほうしき)
納付すべき税額の確定が、租税行政庁の処分によってなされる方式。
税関長の処分により関税額を確定する納税方式であり、入国者の携帯品や別送品、郵便物などに適用される。
複式簿記(ふくしきぼき)
1つの取引を借方と貸方に仕分けしていく帳簿記入の方法。
複式簿記では、1つの取引について、収入と経費だけではなく、資産・負債・資本の増減を記録していくことで、企業の収益状況を示す損益計算書と、資産状況を示す貸借対照表が作成できるように考えられた簿記。
不動産所得(ふどうさんしょとく)
不動産(土地・建物)や、それら不動産に設定されている権利(地上権)などを貸し付けることによって生じる所得(家賃・地代・権利金)のこと。
扶養控除(ふようこうじょ)
納税者本人に扶養している親族などがいるときに、所得控除される制度。
法人税(ほうじんぜい)
法人の所得金額などを課税標準として課される税金、国税で、直接税、広義の所得税の一種。
法定相続人(ほうていそうぞくにん)
法律で定められた遺産相続する権利のある人のこと。

地域から検索

業界から検索

ページの先頭に戻る

コンテンツマネジメントシステム